スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Stay Gold な美しさ。
2007 / 10 / 29 ( Mon )
なんだか、おどろおどろしい話題が続いてしまったので、
今日は気分一新、美しい人の話でも。

今秋の花王「ASIENCE」の新CMモデルは、
後藤久美子さんだそうですね。
まだCMを見ていないのですが、どんな感じなのでしょう?

いずれにしろ、「アジアを代表する美しい女性」という意味では、
ぴったりの起用だと思います。

gokumi.jpg


同じ74年生まれなので、彼女が「美少女コンテスト」で優勝し、
華々しくデビューした頃から、なんとなく知ってはいましたが、
実際にファンになったのは数年前のこと。

資生堂がスポンサーのある番組で、久々にそのダイナミックかつ
艶やかな姿を見て、ものすごい強烈な印象を受けました。

なんというか…
私が思い描くところの「シンプルビューティー」を見事に
具現化した女性という感じ。

メークや髪型も本当にシンプル。
なのに、その存在だけで、人はここまで輝きを放てるんだ
っていう実例を見た感じがしました。

真に美しい人って、ヘアスタイルや、洋服やアクセサリー、
メークなど、そういうものを全て拭い去っても、その存在自体が
もう美しく輝いているんでしょうね。

ときに、神々しい感じを受ける人もいますもの。女性に限らずとも。

やっぱり人間は内面。

後藤久美子さんの場合も、インタビューなどを読んでみて、
更に惚れました。

上記の写真は、数年前の「PAPYRUS」という雑誌に載ったもの
ですが、なんだろう… たかだか数ページほどのインタビュー
でしたが、もうそれだけで充分。

「自分はどうありたいのか」

自分の価値観と他人の価値観を混同しない。

それがバンバン伝わってきて、しかも一貫して明確で、
ぶれることがない。

一歩間違えると、こういうのって、一人よがりの偏屈な方向に
向かってしまいがちですが、その自分の「ありたいと思う自分」が
本当にそれで良いのか、常に厳しい目と公平性でチェックを
しているような人だと思いました。

そして間違っていると気が付いたら、いつでも修正できる
柔軟性も大切にしているような人。

だからかな、嫌な感じを一切受けない。

ときおり顔を出すという自分の醜い面にも、真正面から
きちんと捉えて、その「私はこうでありたい」というレールから
外れてると感じたら、じゃあどうしたらそこまで戻せるのか、
どうその醜いものを美しいものへと変えていけるのか、
常に懸命に考えているようなところなど。

すごくすごく好感が持てました。

そして、そこが、彼女の輝き・美しさの源となっているように
思いました。

器用ではないかもしれないけど、ずるさがない。

こういう人ってほんとかっこいい。

とても誠実に、懸命に、自分を、人生を、捉えているといった印象。
そういえば、いつも考え事をしているとも言ってたなぁ。

人の内にあるものって、隠したくても隠せないなと思います。
良くも悪くも、にじみ出るというか。

そして、そういうものは年齢を重ねるにつれ、
より顕著に表れると思います…

自分は、自分の「作品」。

まだまだ先は長い。

私もぜひ満足の行く作品を作りたいものです。
スポンサーサイト
14 : 39 | 美肌人 | コメント(0) | page top↑
<<森の中で眠る夜 | ホーム | コメントありがとうございました♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。