スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
肌断食っぽいことをしてみて。
2007 / 09 / 14 ( Fri )
このブログを開始したときに、自分自身に課した課題として、

肌の自己保湿力を伸ばす

ということがありました。

それがやっと最近、効を奏してきたかなあという感じを受けます。


私はどちらかと言うと、乾燥肌で、洗顔後、何もつけないと、
つっぱったりするのが常でした。

だから、洗顔後→即保湿。これが当たり前だと思っていたし、
それが肌にも良いと信じきっていました。

一時、佐伯チズさんの「肌断食」なんていう言葉が流行りましたが、それを
実行された方の声などに、

「洗顔後、全く乾燥しなくなりました」とか
「最初は乾燥するけれど、そこを乗り越えたらお肌がぷるぷるになりました。」

という声を聞いても、私には絶対無理…と思っていました。


でも、

ここを乗り越えなければ、私は一生、コスメに頼り続ける人生になるのかも。

と思いなおし、自己流で「肌断食」らしきことを開始したのが、このブログを開始した2ヶ月前ぐらいのこと。


その間、


①朝の洗顔は洗いすぎに注意し、特にべたついてないときはお水のみ。
部分的にべたつくところだけ、ソープを使う。

②洗顔後のケアもごくごくシンプルに。お水ベースの化粧水などで。

③目元、口元など、乾燥が気になるときは、オイルフリーのジェルをごく少量。

こんな感じでしたから、化粧品をごってりつけていた以前と比べれば、化粧品代は本当に微々たるものでした。

その代わり、

④肌の保湿に役立つ食べ物(めかぶ、こんにゃく、山芋、コラーゲンなど)は
積極的に
摂る

⑤保湿をヘルプする美肌サプリ(無添加のもの)にも手を出したり

してみました。

⑤は邪道だったかな?と、思いますが。(笑)

こんな自己流の肌断食。(本当は何もつけない日を設けるらしいのですが^^)

初めは、なんとなくインナードライっぽい肌だなあな…憂鬱。
なんて思っていましたが、そこを乗り越えたら本当に皆さんおっしゃるとおり、
肌って変わるものなんですね。私も自分自身で嬉しい驚きをもって見ています。


まず第一にキメが整ってきたような気がします。

それと、たぶん以前は余分に化粧品をつけたりすると、鏡に顔を近づけてみたときにポチポチと細かい吹き出物っぽいものが見えたりしたのですが、今はそういうことも少なくなってきたように思います。

あと、以前のように洗顔後何もつけなくてもつっぱったり、カピカビに乾燥するということはなくなりました。(直後は若干つっぱるのですが、少し経つと気にならなくなるという感じ。)

肌が自分で保湿しようとしているんだなあというのを感じます。


なので、もし乾燥肌を根本的に治したいという方で、肌断食っぽいことをしてみたいなあと思っている方は、もし、最初カサカサしても、ちょっと我慢して肌の回復力を信じてあげてみるのもいいのかなぁ…と。
わたしも最初そうでしたから。


自分の肌も、信じてあげると、けっこう期待以上のことをしてくれるかもしれないです。


これから秋冬と空気の乾燥が厳しくなってきたら、そのときはまた化粧品のお世話になりたいと思っていますが、たまには肌断食でもしてあげて、肌も休息させてあげることが大事なんだなあと気づいた一件でした。

以上、長くなってしまいましたが、私の肌断食レポートでした。
スポンサーサイト
20 : 49 | 美肌スキンケア | コメント(2) | page top↑
<<心のあり方と健康をチベット医学に学ぶ。 | ホーム | パタカラ使用レポ♪>>
コメント
*  *

わたしも肌断食たまにしてるんですが、
体調によって決まった箇所が乾燥することに気づきました!
眉間が乾燥して粉ふき状態になるんですよー。
オフィスが乾燥してるせいもあるのかな。

でもそうやって自分の肌の状態を知ることで、
ちゃんとしたケアができるような気がします♪
つけなくていいクリームをつけて、過剰ケアになってた部分もあると思うんですよね。
アメとムチでがんばってみようと思いまぁす!

あ、パタカラのレポおもしろかったですe-420
続編たのしみにしてまぁすe-320
by: うーら * 2007/09/15 * 00:38 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

わたしもうーらさんと同じで、眉間が乾燥&粉ふきしました。

ファンデをつけるときにスポンジでこすられちゃったかなー、なんて
思っていました。i-240
ここって触ってみても、なんとなく皮膚が薄いような感じがしませんか?
だから、他と比べて刺激に弱く、乾燥もしやすいのかなあ…なんて。i-265

「アメとムチ」うーん、さすがぴったりなことをおっしゃる!i-234
そうですね、どちらかに片寄るのではなく、うまく使い分けるのがポイント
なのでしょうね!私もまだまだです…i-237

パタカラ、続編も書くつもりですので、お楽しみに!
by: ルル * 2007/09/15 * 10:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。