スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
血液毒素の写真。
2007 / 09 / 11 ( Tue )
今日は前回の続きで、「毒素」ということについてです。

過去のブログでも、デトックスについて何度か触れたことがありましたが、
今日は、私がこの「毒素」というものに、真に目覚めるきっかけとなった
出来事について書いてみたいと思います。

まず、話はクリニックでの検査のこと。
こちらの病院では、まず血液検査が行われます。
(初めてお越しの方は前回の記事をご参照ください♪)

血液検査といっても、数値を調べたり、赤血球の状態を診て
サラサラかどうかを診る検査ではなく、(もちろん赤血球も写るので、
状態をチェックすることはできるのですが)

「血液の中にどれだけ毒素が流れてきているか」

を診る検査でした。

毒素が内臓に蓄積されることなく、きちんと血液中に現れていること。

これが、まずは大事なんだそうですね。
血液中に現れた毒素は、最終的に、白血球などが分解してくれるので、
「毒素が出ているほうが良い」、ということになるのだとのことです。

そして、ひとくちに「毒素」と言っても、血液中に目で見えるものは様々で、
食べ物から発生する「添加物」から、車の排気ガスなどの「大気汚染」、
空気中の「農薬」など、多方面にわたってあります。

特に、大気汚染から生じる毒素などは、よっぽど車の通らない
「秘境」と言われるところにでも長年住まない限り、
誰の血液にでもあるものだそうです。

また、農薬の害も、近くでガーデニングや農薬散布されている畑などが
ある場合、その空気を体内に取り込むだけで、血液にそれが表れることも
あるらしく、毒素といっても、本当に多種多様。

そして、それらの有害物が、長い間、内臓に溜まり続けることで
「慢性病」の原因となったり、また、何種類もの毒素の害が組み合わさる
「複合汚染」で、数々の病気の原因となると考えられています。

でもだからといって、必要以上に恐れたり、神経質になることではなく、

それらをいかに内臓に蓄積続けさせないで、解毒、体外排出できるか

が健康のポイントでもあり、必須なのだそうです。

話は戻って、血液検査のこと。

この主治医の先生は、血液中の毒素をご研究されてほぼ半世紀。
言い方は適当ではないかもしれませんが、「血液マニア」とも言えるような
血液博士で、何千何百(いや、もっとかな?)という血液の生態を
研究されてきて、そこに流れ込んだ毒素を見ただけで、
何の毒素なのかがわかるのだそうです。
面白いですよね~!!


こちらは、私が一番初めに診察していただいたときの血液写真です。
1年ほど前のものです。

赤血球・白血球に関しては、初めてにしては綺麗と言われ、特に
問題なかったので、あくまで血液中に流れた「毒素」に絞った
写真です。

この赤血球にポツッとへばりついた黒いもの。
こちらが大気汚染の害。

IMG_1048.jpg


ちょっとタールっぽいですよね?
先にも述べたとおり、こればかりは、車一台通らない秘境のような
ところにでも長年住まない限り、避けようにも避けれないものなので、
こんなふうに血液中に溶け出している(内臓に溜まらず解毒されている)
だけ、まだマシということらしいです。


そして、こちらは農薬の害が写った写真。

bl2.jpg


「住んでいる近くに農薬を散布している畑などはありますか?」と聞かれ、
思い当たるものはなかったのですが、
「近所にガーデニングが趣味のお宅や、家庭菜園をされているところは
あるかと思います」と答えたら、「じゃあ、それでしょう」とのこと。
空気中の農薬を吸い込んだだけで、このように、血液に現れるんですね。


そして次はこちら。

bl1.jpg


これは、何の毒素だったかは覚えていないのですが、
確か腸内?にあったものが、血液中に流れてきたものと
言われたように思います。

けっこう大型の毒素だったので、

「これだけの大きいものが出てきたというのは、初めての人にしては、
解毒できる力があるね」とのことでした。

実は、この診察を受けると決めてからは、食事的にも「半マクロビ生活」を
送ったり、ブラウンライスパウダーも長年愛飲していました。
そういうもろもろのおかげで、腸内のクリーニングが進んだのかな?と、
個人的には思っています。(ご存知の方も多いように、こちらは
以前は「ブラックジンガー」と呼ばれていて、胃腸内視鏡の権威で
いらっしゃる新谷先生も推奨されている食品です。)


ところが、ここで話が終わればよかったのですが、
その後、半年後ぐらいに受けた検査。

すっかり安心してしまったせいか、玄米もほとんど食べない生活が
何ヶ月か続き(野菜だけはきちんと食べていたのですが^^)、
検査の数日前から外食も多い生活をしていたら、
なんと2回目の検査では

ほとんど毒素が見られない!


という結果に!

それだけ、解毒できる力が落ちたということ
もっと言えば、内蔵に溜まっているということも考えられますね。


血液のすみずみまで拡大して見てもらって、やっとのことで、
発見していただいたのがこちらの毒素。
これを見た私は、一瞬ギョッとしました。

bl_20070911164215.jpg



中央、右下寄りに見える青や黄色っぽい小さな丸い物体、
わかりますでしょうか?

スタッフの方にも、
「ほら、ここに黄色いのとか青いのとか、宝石のように綺麗なのが
見えますね~」と言われ、ギョッとしました。
(もちろんここでの「綺麗」は良い意味ではありません。)

先生いわく、これがいわゆる「食品添加物」と言われるものだそうです。


このあまり気持ちの良いものでない写真を見て以来、
私の食生活はガラリと変わりました。

添加物…。
体にとって良くないのは、「食品の裏側」や、「新・食べるな、危険!」
などの本で、「頭」ではわかっていたつもりでしたが、
こうやって実際に、色つきの奇妙な物体が自分の体の中を
流れているのを目にしたら、なんだか途端にどんなに美味しい
ものでも、添加物が入っている限り、食べたいと思えなくなったのです。

以来、体内に入るもの・口にするものは、できる範囲で、
厳選するようになりました。

といっても、必要以上に恐れていては本末転倒ですし、
添加物だけでなく大気汚染のように、やむをえない状況で
体内に入ってしまうことだってありますので、完璧に防ぎよう
はないのですがね。

繰り返しになりますが、こういう避けられないものもある以上、

いかに内臓に蓄積続けさせないですむか

がポイントになるので、先生のクリニックでも、何はともあれ
「デトックス」が推奨されています。そして、今その指導のもと、
普段の食事から、できる範囲で行っています。
関連記事はこちら

この「食事でデトックス」については、私も日々の習慣にしていきたいと
思っていますので、またいつか機会があれば、記事に書いてみたいと
思います。

毒素を排出して、真に健康な体、綺麗な肌を目指して、
毎日を過ごしていきたいものですよね♪

以上、私が「食」に目覚めたきっかけでした。
長くなってしまい、ゴメンナサイ!
スポンサーサイト
22 : 29 | 健康 | コメント(4) | page top↑
<<パタカラ使用レポ♪ | ホーム | 体の声を大切に。>>
コメント
*  *

いや~~~!すごい説得力ありますねーーー!

わたしも最初赤血球の検査をした時はサイアクで、ある程度気をつけてはいたものの、
所詮「ある程度」だったのです。
しかも食生活は気をつけていても、当時ヘビースモーカーだったので、もうものすごく汚い血液でした。
その後、たばこをやめさせられ(笑)、お酒の量も減らし、外食を減らして2ヶ月弱。。。
相当きれいになった血液をみることができました!

目で見るって大事だなーと思ったものです。

意識がかわると生活もかわりますよね。

最近ちょっとたるんでるので気をつけないと。。。と思いました!
ルルさんありがとう~♪
by: うーら * 2007/09/11 * 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
*  *

ルルさん、お久しぶりです。
先週までハワイに行っていて、健康な暮らしとは無縁の生活を送っていました。(がんがん日焼けもしたし)

「こんなグータラな生活もいいな~」
なんて思いつつ、帰国早々、ルルさんのブログを見て、うわっ!

毒素ですか…これは相当ヤバイかも、と反省しました。ハワイでは美食三昧で、実は腸の調子も良くなかったんです。(便秘気味で…)

いや~、これはどうにかしないと。早速私も粗食に戻さなくては~~~

by: Saki * 2007/09/12 * 10:52 * URL [ 編集] | page top↑
* うーらさんへ♪ *

そうなんですよね~。i-228

うーらさんがおっしゃるように「ある程度」って、
私もまさにその通りで、食事に気をつけていると
言っても、所詮「ある程度」になってしまうのですよね~。
(私の場合、今でもそうかも^^)

ヘビースモーカー…私も耳が痛いです。i-240
かなり昔20代の頃、体中に青アザがいくつも出始めたことがあったんです。
病院に行ったら「血栓」と言われ、原因は煙草による
ビタミンC不足ということ。i-238
非常に怖い思いをしました。
(その後、即タバコはやめましたけどね^^)
タバコって、ホント百害あって一利なしだなあと思います…i-182

綺麗な血液になって本当に良かったですね!i-194
そういうふうに、目に見えて自分の健康がわかるようになると、
もっと頑張ろうって言う気になったりするのですよね~。i-189

お互い、更なる健康を目指して頑張りましょう~♪


by: ルル * 2007/09/12 * 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
* Sakiさんへ♪ *

Sakiさん、お久しぶりです♪

最近どうしていらっしゃるかな~と思ったら、
ハワイに行ってらしたんですね!
遅めの夏休みでしょうか?う~ん、いいなあ!i-233

そうですね、食べ物と胃腸って関係ありますものね。
私もどんなに気をつけていても、ちょっと過食や外食をしただけでも
すぐお通じの調子に現れるように思います。i-182

粗食っていいですよね。
私も気をつけたいなあと思います♪i-239




by: ルル * 2007/09/12 * 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。