スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
セルフチェックで健康管理
2007 / 07 / 27 ( Fri )
今日も暑かったですね~。
日焼け止めを落として、やっと一息ついています。
ふう…この瞬間がたまらなく好き♪

最近あまりお化粧をしなくなった私ですが、これからけっこう
フルメイクが必要な行事なども出てきそうなので、WAGの
クレンジング(近日発売)にはとても期待しています。

こちらのラインは成分ももちろん素晴らしいのですが、
デザインも可愛らしいですよね~。

WAGのスタッフの方に聞いたところによると、クレンジングに
引き続き、ローズクリーム、ナイトジェル、パウダー、
セルライトオイル(!)が開発中なのだとか。
楽しみです~♪

さて最近の私ですが、ちょっと思うところあって「望診法」について
勉強しています。

顔や体の状態で、臓器の不調がわかってしまうという
この古来からの診断法。

例えば、しみ、しわ、クマ、吹き出物、湿疹などの肌のトラブル。
けっこう同じ場所に出てしまいがちだったりするのですが、これは、
単に気まぐれでその箇所に出てきているのではなく、
原因となっている食べ物があり、そのために弱った臓器が
SOSサインを出している
とのことなのです。

なんだか面白そうですよね~!

美人のレシピ―マクロビオティック望診法
美人のレシピ―マクロビオティック望診法


こちらの本、美肌レシピはもちろんですが、後半の
「とりたい食品、避けたい食品がわかる美容の悩み別食事法」は
かなり面白かったです。

「うーん、これはどうなんだろう?」と疑問に思うところもなきにしも
あらずでしたが、それでも「なるほど!」と納得させられるところも
多々ありで、やはり体が発するサインに嘘はないのかもと
改めて考えさせられました。

実は私にも思い当たる節があって…。
ちょっと恥ずかしい話なので、いったん書くのを躊躇したのですが、
やはり良い例だと思いますので、思い切って書いてみたいと思います。

実は、私20代後半の頃、あごにひげが1本生えていたんです。
(ああ、言っちゃった。恥ずかしい~!)

長さにしたらほんの1、2ミリほどの、産毛がちょっと濃くなったような、
でもそれでいて触ると確かにチクッとするようなそんな黒い毛が1本、
左顎下付近に生えたことがあって…。
もちろん初めて発見したときはギョッとしました。

剃っても抜いても、その1本だけ必ずまた生えてくる。
もうかなりコンプレックスでした。

ホルモンバランスの影響かと思い、自分なりにいろいろ研究したの
ですが、どうもまるっきりそうとは言えないような。
とにかく原因がわからないまま、何年も過ぎて行きました。

でも今はその影すらありません。
剃っても抜いてもいないし、いつのまにか「消えた」と言った方が
良いかもしれません。
(正しくは生えてこなくなった、と言った方が良いかな?)

「なぜなんだろう?」ってずっと疑問に思っていましたが、
今日この本を読んでやっと原因がわかりました!

やはり、原因は食生活にあったようなのです!


参考までに、この部分だけ書き出してみると

*ひげが1本生える(あごや耳などに)

体の状態 : 呼吸器、肝臓・膵臓・腎臓が弱っています。とりたてて病気ということではありませんが、食べ物が偏りすぎないように注意しましょう。

原因 : 炭水化物や肉、魚、卵、乳製品といったたんぱく質など動物性脂肪の食べ過ぎによって、出やすくなります。とくにホクロに生える場合が多いです。

(「美人のレシピ」より一部抜粋)


まさにドンピシャリ!確かに、確かに、思い当たる節が!

今思うとすごく恥ずかしいのですが、20代、仕事の関係で
海外にいた私は、食生活を振り返ってみても、確かに毎日が
肉、卵、乳製品のオンパレード。

特に乳製品は、トーストのバターやシリアルの牛乳等でほぼ毎日。
パスタにかける粉チーズや、スムージーのヨーグルトなどまで
カウントすると、まさに欧米人並にかなりの頻度で食べていました。

それでも、当時から食事と健康については興味があって、
自分なりに食事には気をつけて、野菜などもけっこう食べていた
つもりだったのですが、おそらくここまで頻繁に肉や乳製品を
食べてしまうと、どんなに野菜や体に良いものを多く食べようが、
そのバランスの悪さに太刀打ちできなかったのかもしれません…。

肉や乳製品がいけないということではなくて、

自分の体にとって何が「不足」(=必要)で
何が「過剰」(=不必要)なのか


当時の私には、それが理解できていなかったように思うんですね。

そして、それはよく観察さえすれば、肌のトラブル、身体の不調と
なって現れてくるものであり、また未然に防ぐことが可能なのだと、
今回の一件で深く気付かされました。

やはり、自分のことを一番よくわかるのは自分。
もちろん自己判断に頼りすぎるのも考えものですが、こんなふうに
望診法を日々の健康と美容に役立てることで、自分の身体と
向き合ってみるのも、すごく意味あることなのではないかと思っています。

ちなみに、あるアメリカの健康雑誌を見ていたらこんなふうに
「目」で身体の不調を診断する「イリドロジー」という方法が載っていました。

IMG_1001.jpg


目玉を中心にその周りをぐるっと360度、しかもかなり細かく
それぞれ対応する臓器に分かれてあって、その状態の如何で
心臓、腎臓、肝臓などの臓器の状態を診断するのだそうです。
面白いですよね~!

この表、何かを連想させるなと思ったら、リフレクソロジーなどで
見かける足裏ツボチャートでした。

そういえば、漢方薬をみたてるときも舌の状態をくまなく診ますよね。
目や足や舌は、各臓器とつながっている…。
人間の体って本当に神秘的だなと思います!

これまでも、鏡の前で舌をべろ~んと出して「冷えてるな~」とか
自己チェックしていましたが、これからもこの望診法はますます
活躍させていけそうです♪

健康で美しい肌のためにも!

美人のレシピ―マクロビオティック望診法
美人のレシピ―マクロビオティック望診法 東洋医学で病気に克つ読体術―病気診断・対策編  顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本


↑参考までに、読んで「面白い!」と思った関連本を並べておきますね♪
スポンサーサイト
20 : 55 | 健康 | コメント(2) | page top↑
<<「たるみ」に打ち勝つ! | ホーム | 濃厚アンチエイジングドリンクで若返り!>>
コメント
* 相互リンクについて *

相互リンクのお願いについて

初めまして、「eisonの写真♪」と言う
ブログサイトを持っている「山本」と申します。

貴ブログサイト様と「相互リンク」が
出来ればと思い、コメント致しました。
もし、ご興味がありましたら

eisonpresident@gmail.com
迄ご返信、宜しくお願い致します♪


☆point☆
当ブログはリンクを貼るだけではなく
普段、私が撮っている写真にも貴サイトの

「サイト名」「URL」を写真に書き込みます。
尚、この場合は写真に書き込むだけですので

「リンク」にはなりませんが…‥。
それでも、十分な効果はあると思います。

一度、こちらからご覧下さい。
良い返答を、心待ちにしております♪

eisonの写真♪
http://eison.blog.shinobi.jp/
by: eisonの写真♪ * 2007/07/30 * 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
* ありがとうございます♪ *

山本さま、ご訪問ありがとうございます。

サイトに遊びに行かせていただきましたが、ほっこり癒されるお写真がたくさんあってステキなサイトですね♪

相互リンクの件、よく考えてみたのですが、今はそこまで手が回らないということと、将来的にリンクをお受けするようになっても、このブログは美容に関連したテーマが中心となっておりますことから「美容」に関連したブログ様にしたいと思っているのです。せっかくお誘いいただいたのに、申し訳ありません…。

でももし宜しければ、いつでもまた遊びにいらしてくださいね。ステキなブログ、頑張ってください!
by: ルル * 2007/07/30 * 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。