FC2ブログ
西の魔女が死んだ
2008 / 09 / 10 ( Wed )
読んでみました、こちら。
今年、映画化で話題になった1冊でもありますよね。

絵文字名を入力してください西の魔女が死んだ

nishinomajyo2.jpg
タイトルとは裏腹に、とても
清々しい気持ちのまま、
読み終える良い作品でした。

個人的に印象的だったのは、
比喩の使い方かなぁ。

「ああ、この感覚わかるなぁ~」
っていうところが、いくつも。

こんなにも"美文"に、かつ正確に
物事を描写できるって、いったい
どんな感性の持ち主の作家なの
だろうと、魅かれてしまいます。


この物語の、おばあちゃんにしゃべらせてる台詞の1つ1つとか。
スピリチュアルでもあり、実によく物事を見通していらっしゃる方、
という感じ。とは言え、全然押しつけがましくなく、爽やかで…。

作者さんご自身も、「外からの刺激に動揺しない」という
魔女の知恵が、自然と生活に活かされている方なのだろうなぁ、
なんて思ってしまいました。

なんて… もしこれから読まれる方がいらっしゃったら、
楽しみも半滅してしまいそうですので、この本について
語るのはこの辺でやめておきます。(^^)

あ、でもこれだけは掲載させてください。
おじいちゃんが「鉱物の精」と呼んで、好きだったという
銀細工のような花、銀龍草。
こちらに写真が載っていました。
幻想的でもあり、美しい植物ですよね。


それにしても、魔女…。

先々月、イギリスにいたとき、ある不思議な能力を持った
おばあさんと会う機会があったんですね。

そして、私の頭に手をかざすや否や、言われてしまいました。

「Oh、あなた、過去世で魔女だったことがあるのね。」と。アップロードファイル

あ、もちろん、ほうきに乗ったり、魔力を操ったりと、
オカルト的な意味の魔女ではないですよ。(^^)
もっと、シャーマン的な、薬草を使って何かの治療薬を作ったりと、
今で言う薬剤師みたいな感じの魔女。
(まあ、もともと魔女ってそういうものですよね^^)

いまだに、ハーブとか薬草類の秘められたパワーには
ただただ感動させられていますし、自分でもなんとなく
以前そんなことをしていたんじゃないかなぁって思ってた
ところがあったので、これを聞いてしっくりきた感じ…
です。

そういえば、別の方にも、前世は、ハーバリストだったと言われた
ことがあったなぁ。これは、魔女よりも、ずっと後の過去生のよう
なのですが。

まあ、こういうものは、誰にも証明できるものではありませんが、ね。
かといって、証明したからどうってことでもないのですが。(^^)

でも… 人の生まれ変わりって、面白い。Butterfly25


さて、ただいま夜1時をまわったところ。

ちょっと眠いのですが、これからまたお気に入りの小説を
持って、美しい文章にうつらうつらさせられながら、
眠りにつこうと思います。

気分は、すっかり秋の夜長です。
皆様も、ステキな夜をお過ごしになっていることを祈りつつ…。
おやすみなさい。




↑ 皆様からのクリックを、ブログ執筆の励みとさせて
いただいています。いつも人知れず、クリックをくださっている
皆様… 本当にありがとうございます。きゃーっ

お1人、お1人のお気持ちに… 心から感謝。絵文字名を入力してください
スポンサーサイト



11 : 31 | 癒し・ヒーリング | コメント(10) | page top↑
| ホーム |