FC2ブログ
鉄製のフライパンを使っています♪
2008 / 05 / 19 ( Mon )
前回の記事にも関連するのですが、あれからテフロンについて
いろいろ調べれば調べるほど、ちょっと健康生活には必要ないように
思い、フライパンを買い換えました。

180度以上で熱しないうちはまだ良いものの、200度を超えると
毒性物質が発生すると聞き、それもなんだかなぁと。

しかも、私が使っていたフライパン、表面が傷がついたり、
うっすら剥げてきてしまい、この状態で使っているのが、
一番体に良くないそうなんですね。ちょうど良いタイミング
でしたので思い切って買い換えた、というわけです。

それが、こちら。

flyingpan.jpg


鉄製のものも、いろんな種類がありましたが、
こちらが、深みがあって、一番手にしっくり馴染んだので。
有元葉子さんのものです。

以前有元さんのレシピ本で見て、使いやすそうだなと思って
いました。キッチンに置いていても、シンプルなデザインで
ちょっとおしゃれな感じに見えます。Brilliant

母の日にも、同じものを2セット、全部で4つ買いましたが、
上記のリンク先のお安いところで買ったので(でも梱包は丁寧でした)
全部で1万円ちょっとでした。鉄製って、ものすご~く重いイメージが
ありましたが、そこまでずっしりと重いわけでもないです。
(でも、テフロンに比べれば重いですよ^^)


買ってみて気づいたのですが、実はこのフライパンには
「シリコン樹脂塗装」がされているそうなんですね。
これはいったい…と思って、問い合せてみたら、
とても丁寧なご回答をいただきました。

まず、この「シリコン樹脂塗装」が施されている理由としては、
商品完成後の流通段階、在庫段階で、鉄素地のままだと
サビが発生してしまうため。

でも、この膜厚は、μ程度で決して厚いものではなく、
5~6回の使用で完全になくなる程度、とのことです。

食品衛生試験にもクリアしていますが、どうしても気になるよう
でしたら、本体を火にかけて煙りが出る程度まで熱して冷ます。
この作業を5~6回繰り返し(換気を良くしてくださいとのこと)
最後に、本体が冷めた頃に、お湯で表面を擦り洗いすれば
完全に取れるとのことです。

その他、シリコン塗装の食品衛生試験適合書類より、
溶出試験のデータなどもいただいて、良心的なメーカーさん
なのだなという印象を持ちました。やはり、作る側がきちんと
されていると、使う側としてもホッとしますよね。
大事に大事に、使わせていただこうと思います。

テフロンって、よーく嗅いでみるとわかるのですが、やはり
熱したときに、独特の臭いがするのですよね。
これが、小鳥を死なせてしまうくらいの毒を含んでいるらしく
過去記事)、ほぼ毎日フライパンと向き合う身としては、
環境にも人体にも悪いことをしているようで、なんとなく
気持ちよく使えなかったのです。

でも、鉄製にしてからは、そんなストレスもきれいさっぱり
なくなって、最高です!お料理しながら、思いっきり呼吸も
できますし(^^)微量にも、毎日、鉄分が摂れるそうで、本当に
なんでもっと早く鉄製にしなかったのだろう…と思いました。

それに、何より、購入に至った決め手は、よくこちらの
ブログにも遊びに来てくださって、いろいろと面白い美容情報に
精通していらっしゃるrinさん(とてもキュートな方です~!)が、
以前「鉄製だと、炒め物が美味しくできる」とコメントして
くださったのがきっかけでした。

早速、試してみたら、本当に美味しかったです~!アップロードファイル
カラッと出来上がって、自分のお料理の腕を錯覚してしまう
ほどでした。rinさん、ありがとうございます!
rinさんのあの一言がなかったら、まだ買わずにいたかも…。(^^)

ただ、鉄製って、熱の伝導率がものすごい良いのですね。
普通にテフロンの感覚で使っていると、始めのうちは、よく焦がしました。
(このフライパン、割と薄地なので、それもあるのかもしれません。^^)
普通の焼き物とかでしたら、ごくごく弱火ぐらいでも充分かなとも
思います。(光熱費の節約にもなりますし^^)

でも、何より、キッチンに立っていても、健康面でストレスなく
お料理できるって嬉しいです。

これから、もっともっと化学物質を体内から追い出して、
健康になるぞ~!と誓いました。sc06


最後に、またお手数をおかけしますが、
ブログランキングへのご協力をお願いしても宜しいでしょうか。

本当に、皆さんのおかげで、ブログ更新意欲がキープされて
います。いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト



12 : 29 | 美肌食 | コメント(28) | page top↑
| ホーム |