FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アルミニウムとテフロンのこと。
2008 / 03 / 26 ( Wed )
先日、インターネットラジオで、調理用具のお話(危険性など)
について少し語られていました。

こういう「○○は危険」みたいなことって、「またかぁ~!」と
思いながらも、ついつい耳を傾けてしまいます。(^^)

私自身、そういう情報を得たとしても、全てをそのとおり
徹底しているわけではないのですが、いちおう判断材料の
1つとして、留めておくようにはしています。はぁと

まずは、アルミニウムのこと。
アルミニウム素材のお鍋って、安価で軽くて
便利なのが、最近はたくさん出回っていますよね。
でも、一説によると、アルミニウムが剥げた状態の鍋などで、
トマトや葉野菜などの酸性のものを料理すると、
食べ物にそれが付着しやすい(にじみやすい)という
短所があるのだそうです。

そして、アルミニウムの鍋の中に、調理したものを入れておく
時間が長ければ長いほど、アルミニウムの害が食べ物に
浸透しやすいとのこと。

そういえば、最近、急激に増えたアルツハイマー病も
このアルミニウムの過剰摂取が一因とも言われていますよね。

その他にも、いろいろと弊害があるように思いましたので
うちでは、アルミニウムの鍋などは、もう長いこと使って
いません。ステンレスより、安くて軽くて便利なのですがね~。


次に、テフロン加工のフライパン。
これも、けっこう以前から議論が沸きあがっている問題ですよね。

テフロン加工のフライパンを、たった5分間加熱しただけで
鳥に中毒症状を起こさせるほど、有毒なガスが発せられる
そうです。

テフロンの製造メーカー、デュポン社もテフロンから発生する
有毒ガスについては認めているそうなのですが、その影響は
「人体に有害なレベルではない」といった見方をしているようで、
議論は今でも平行線をたどっているみたいです…。

アメリカのある非営利環境団体が調査した結果では、
テフロンに使用されている化学物質の1つPFOA
(ペルフルオロオクタン酸)には、発がん性があることも
発見されています。

しかも、このPFOAは、気持ち悪いことに、一度体に入ると、
10年は体内に残留するのだそうですよ。
私としては、なんとなくここが気になるかなぁ…

いくらデトックスを日々心がけていても、体が処理しきれない
異物というのもやはりあるのでしょうし、それが体内に
蓄積されていくと考えると、ちょっと避けたいような気もしますね~。
ラジオでも、テフロンは使わないように特に強調されていました。

上のアルミニウム、テフロンに比べ、現段階で、まだ安全と
されるものには、ガラスやセラミック、ステンレス、鉄などが
あるようです。

私個人の話で言えば、お湯を沸かすときのポットは、
全てガラス製にしています。
また、料理に使うお鍋等も、今はだいたいステンレス製か
セラミックにしているといったところでしょうか。

ステンレスも、食べ物に浸透する可能性はなきにしもあらず
のようなのですが、浸透するとしても、主に鉄やクロムなどの
害のないミネラルなので、少量であれば、心配に及ばない
とのことです。

以上です。

ラジオで聞きかじったことになってしまったので
もしかしたら抜けているところもあるかもしれません。
ご興味ある方は、たぶんネットにもいろいろ載っているかと
思いますので、お調べになってみてくださいね。

今回、お知らせしたことも、数ある情報の1つ。
その受け止め方・判断というものも、人それぞれであるべきと
思っています。

実際、テフロンのことも、私自身、何年か前に、人づてに
聞いて知ってはいたものの、今でもテフロン加工の
フライパンを使っていますしね~。

使用を継続するにしてもしないにしても、もっと理解を
深めてから判断したいと思っています。


でも、前回の白砂糖に引き続き、こういう「○○は危険」的な
話題って、書いていてもなんとなくちょっと気が重くなって
しまいますね。(^^)

やっぱり、私は「○○は良いですよ~」的な話題が好きかな。sc06
次回の更新では、そういう明るい話題を書きますね。
実はまた、はまってしまいそうなものを見つけてしまったのです♪

最後に、またお手数をおかけしますが、
ブログランキングへのご協力をお願いしても宜しいでしょうか。

本当に、皆さんのおかげで、ブログ更新意欲がキープされて
います。いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト
10 : 50 | 健康 | コメント(10) | page top↑
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。