FC2ブログ
動画で見る白血球・赤血球
2008 / 02 / 25 ( Mon )
最近、生命の神秘とかそういう分野に興味があります。

以前、自分の白血球というものを顕微鏡で見たことがあるのですが、
もう、これが感動もの!!絵文字名を入力してください

昔の話で恐縮ですが、「パックマン」というゲームがありましたよね?
パックマンが口をパクパクさせながら、栄養物を食べていくゲームです。
(探してみたら、ネット上に無料でありました。懐かしのパックマンゲーム
ちょっと遊んでみたりして…^^)

白血球もあんな感じで、血液中の不要物(細菌やウイルス、添加物や
農薬など体にとっての異物)を認識し、取り囲んでは消し、取り囲んで
は消し、といった作業をしてくれているのです。ニッコリ

しかも、この顕微鏡で見ている血液というのは、耳たぶからとった
ほんのわずかな1滴。検査のために取られた1滴なので、顕微鏡で
見る頃には、私の体から出て数秒がたっています。当然、その中に
ある白血球も、体外に出されてしまったものなので、もう体のために
働く必要はありません。なのに、それでもなお、血液中の異物を
見つけては取り囲もうという動きを一生懸命見せてくれているのです。
シャーレの上で…。

たった1滴の中に、これほどのドラマが秘められているとは…。
その様子を目の当たりにして、ものすごく感動しました。ステキ!
細胞って、人間の目に見えないところではあるけれど、
ただひたすら黙々と頑張ってくれているのですよね。

そして、そのとき、思いました。
この白血球の働きを、大事にしてあげなければ、と。はーと3つ

この白血球について、私が言葉で言ったところで、お伝えしにくい
かなと思いましたので、ネットで何か良い動画はないかなと思って
調べてみたらありました。





始めの方は、赤血球の映像が続くのですが、1:07から 2:03の
あたりになると、白血球(画面中央)が登場してきます。
そして、数々の赤血球の間をぬって、まるで「お掃除スイーパー」の
ように動いている様子がご覧になれます。
(あいにく、こちらの映像では、白血球が異物を取り込む様子は
ちょっとわかりにくいのですが…、でも白血球の動きを見るだけでも
面白いかなと思います。)

ただ、もちろん、食習慣や生活習慣などによっては、
この白血球が異物を取り込むという活動が、うまくいかなくなる
こともあります。(免疫力の低下)

そして、それはどういうことかというと、体内の異物(毒素)を
処理しきれなくなってしまうということ。

毒素が体に溜め込まれれば、病気や老化(!)を促進する原因
ともなります。例えば、よく言われる、体を冷やすことや、
低体温を放っておくとなぜいけないのかということも、1つには、
この白血球が活発に働かなくなってしまうからなのだそうです。

自分自身、肌からでも口からでも、なるべくケミカルなものを体に
入れたくないというのも、白血球にはオーバーワークになるような
気がするから…。できる範囲で避けるようにしています。

お世話になってるクリニックの先生の言葉を借りると

「完全に進化しきった体の細胞が、文明生活、公害物質、化学薬剤
によって、半ば壊れたり、あるいは死んだ状態になっている」

とのこと。

こんなにも頑張ってくれている細胞の働きを邪魔することなく、
その活動をサポートする生活を、心がけたいものだと思いました。

それが、結局のところ、健康の基本であり、老化を必要以上に
促進させないアンチエイジング法であると思っています♪


さて、話は変わりまして…

先日、ハトミクロンをお飲みになっていらっしゃるという方から、
ご質問をいただきました。

固まって溶けにくいので、何かよい方法があったら…ということ
でしたが、私自身の経験から言うと、このハトミクロンは、他のものと
混ぜるとちょっと固まりやすいかなという印象を受けました。

なので、先にハトミクロン単体をお湯で溶かすと、面白いように
サーーーーッと溶けてくれますよoto

私は、カップにハトミクロンを入れて、お湯を入れて、さっと
溶かしてから、ブラックジンがーやマカなどを足しています。
こうすると、不思議とほとんど固まりません。
ぜひお試しくださね!

本当に、ハトミクロンって、いいですよね~!美肌の友です。
場合によっては、ハトムギを食べるよりお安く済むので、
私も毎日のようにお世話になっています。アップロードファイル
スポンサーサイト



13 : 16 | 健康 | コメント(12) | page top↑
| ホーム |