FC2ブログ
豚が豚を食べる?!「食の安全性」について
2007 / 10 / 25 ( Thu )
「自然医学」という月刊誌を読んでいたら、興味深い記事に出会いました。

農水省が2005年に発表した調査によると、2004年度に発生した
食品関連業者の食品廃棄物は1100万トン。

そこで、農水省と環境省は、「食品リサイクル法」を改正し、
コンビニや外食チェーンで売れ残ったお弁当や食べ残しを
「飼料・肥料」にして豚や野菜を生産し、それを再びお弁当や
総菜の材料にするといったリサイクルループ(食品の循環利用)を
創設する方針を決めたとのこと。

「リサイクル」
というと聞こえは良いのですが、この記事で
問題視されていたのが

添加物や農薬が多量に使われた外国産食材で飼料・肥料を作っても、
とても質の悪いものが出来上がる

そして、何より私が気持ち悪いなと思ったのは、これ↓でした。

食材の中には当然肉類も入っていて、豚肉が混ざった商品を
豚が食べることになる

早い話が、共食い。

そして、そういうお肉を食することになる人間の健康って…。
決して良いものになるとは、思いにくいですよねぇ…。

この記事を書いた駒木清一さんによると、

豚だけでなく、動物は(特に哺乳類は)、同種の動物を共食いする
ことはなく、本来の食性から外れてしまう。牛に肉骨粉を与えて
BSEが発生したように、豚も病気になっていくだろう。ちなみに
現在流通している肉類の大部分は、何らかの病気にかかったもの
であり、そのため多くの薬剤が投与されている…

とのこと。

最近、食の安全性について、よくニュースで取りざたされていますが、
私は賞味期限や生産地の偽装より、なんとなくこっちの方が嫌だなぁ。
これを許したら、ゆくゆくは生態系バランス全体に影響がありそうな
気もします。

豚や牛たちも、自分達が食べるものすら、人間にコントロールされて、
本当に気の毒だなと思います。その挙句に、BSEなど前代未聞の
わけのわからない病気になっちゃうなんて…。
なんとも、形容し難いです。

いずれにしろ、お役人さんたちには、よくよく審議してもらいたいと
思う一件です。
スポンサーサイト



22 : 51 | 健康 | コメント(8) | page top↑
眠りながら綺麗になる
2007 / 10 / 25 ( Thu )
最近、昔買った本を読み返そうと思い、本棚をいろいろと
物色しています。

先日、目に留まったのはこちら。

眠りながら「綺麗」になる本

眠ることが何より好きな私。

「よく3度の飯より○○が好き」って言われ方をしますが、私の場合
「3度の飯より睡眠が好き」かも。 
それくらい、眠るということが好きです。

そして、もちろん綺麗になるということも好き。
なので、「眠る」「綺麗」、この2つのキーワードは、
すごく私には魅力的です。(笑)

何気に読み返してみたのですが、やっぱりねぇと
思いあたるものがありました。

以前にもブログに書きましたが、私は思いっきり口をイーーと
横に伸ばすと、左の口角から数センチのところに笑いジワとは
別に、2センチほどのラインが出来るんです。

これはおそらく「たるみ」からきているのだろうなと思っては
いたのですが、そのもともとの原因がやっとわかりました。

どうやら「寝相」にあったようなんです。

よく考えてみれば、当たり前なのですが、横向きで寝るのは
やはり顔をゆがませる原因になっちゃいますよね。

私は、「右」を下にして寝るのがもう長年の癖。

この本によると、

右を下にして寝ると、

 右目が小さくなる
 右の口角が上がる
 左の頬がたるむ
 左の目元がたるんで、シワっぽくなる
 鼻筋が左に曲がる
 右肩が下がる

などいろいろ「美」に関しても影響が出るようです。

私が当てはまるのは、この「左の頬がたるむ」。
これが、あのラインの原因にほぼ間違いなさそう!

そもそも、20代の頃は仕事が多忙で、夕食を食べれるのは、
仕事が終わってからのPM10時頃。残業のときはAM12時を
まわるなんていうことも多々ありました。

もちろん、その後は疲れきって、家に帰って寝るだけ。
夕食→睡眠、この間には消化に充分な時間さえなかったと思います。
(ちょっと今からは考えられないです…

そんな生活の中、少しでも消化を良くしようと、右を下にして
寝るようになっていったんです。よく、食後、右を下にして寝ると、
胃が活発に動くって言いますよね?もちろん、食べた後すぐ寝る
なんて、本当はそれ自体、言語道断なのですが…^^

確かに、このアンバランスな寝相は、確かにたるみの原因に
もってこいですものね。すごーーーーく反省です。

やっぱり、何事もバランスですよね~。
何かが過剰になると、ひずみを生じる。
中庸でいきたいものです、何事も♪

早速、最近はあおむけで寝るようにしていますが、
長年の癖を直すには難しくって。
ついつい、いつもの心地良い位置に戻ってしまいます…(笑)

寝相の良い人は、そういうのも顔に表れていそう。
そういえば、うちの父はものすごく寝相が良いのですが、
年の割には顔にあまりたるみがないんですよね…羨ましいことに。

やはり、長時間のことですから、寝相も結構顔つきに関係ありそうです。

私もなんとか、寝相を良くするようにしないと♪
22 : 22 | 美肌習慣 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |