スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
森の中で眠る夜
2007 / 10 / 30 ( Tue )
最近、眠りにつく時間がとても楽しみです。

このところずっと、「森」の中でマイナスイオンをたっぷり
浴びながら、眠りについているのです。

なんて(笑)

実際には森にいるわけではありませんが、気分はそんな感じで
眠りについています。

まずは、このジャケットの写真がとーっても綺麗なので、大きな画像で。

VOICE OF THE EARTH 中田悟 自然音シリーズ’ISLAND’~生命の島屋久島~
 VOICE OF THE EARTH 中田悟 自然音シリーズ’ISLAND’~生命の島屋久島~ / 中田悟

日本の聖地「屋久島」の写真です。

屋久島…。いつか必ず行ってみたいところ。

なんというか、ものすごい自然のエネルギーを感じます。
この地には。

こういうエネルギーあふれたところには、呼ばれたときには
必ず行けるといいますから、そのときまで、もうちょっと
自分を正しつつ待ってみようかな。

それまで、屋久島の川辺を流れるおだやかな水の音や
鳥のさえずりを聴きながら、憧れの地へ想いを馳せている
といったところです。

もともとガンガンロック系の私なので、こういったヒーリング系
のCDはつまらないというか、食わず嫌いのところがあったの
ですが、最近はこういうのも素直に受け入れられるように
なってきました。

特に、中田悟さんのVOICE OF THE EARTH シリーズ
(タイトルもまた、地球の躍動感を感じるようでステキ)は
格別に好き。

この屋久島のCDも。

最初は、春を思わせるとてもおだやかな川水の音なのですが、
だんだん聴いていくと、上流の急流の流れのような
(でもとても綺麗な)水の音に変化していくところがあって。

そこが、またたまらないのです。

そこへ持って行く流れもとっても自然で…
これを編集した人のセンスを感じます。


私の場合、たいがいここまで聴くと、安心していつのまにか
眠りについてしまっているようです。
その後のことは、全く覚えていないので。
(だから朝になると、ステレオの電源がついたまま!

最近は、Track1を聴きながらチベット体操を始め、
終わるとそのまま音を聴きながらベッドに入り…と
いった感じかな。

うちの鉄筋コンクリートの一室でさえも、小鳥のさえずりや、
小川の音に囲まれ、「あれここはどこだったっけ?」と
ふと我に帰るときもあります。

まるで、本当に屋久島の森の中にいるかのような感覚
になるから不思議です。

いつだったか読んだ、脳のしくみについて書かれた本によると
(ごめんなさい。タイトルを忘れてしまい、出典リンクが貼れません…

脳は「実際」と「想像」を区別することが苦手なのだとか。

ものすごく納得です。

今回も、実際は森の中にいるわけではないのだけれど、
そのような光景に自分が身を置いている感覚を味わう
ことによって、心身には、森の中にいるときと同様の効果
を得ているのかもしれませんね。

朝の目覚めもとっても良いです。

あと、最近、発見したのですが、これをヘッドフォンで
聴きながら眠ると、水の音がダイレクトに耳に入っていって、
とても良い感じです。

例えるなら、綺麗な小川で頭をひたしながら、
ヘッドマッサージをされているかのよう。

脳みそまで綺麗なお水でぐにゃぐにゃにされる感じが、
なんだかとても心地良いのです。

(あ、でもこれは人によるかも。金づちの友人などは、
溺れそうになる夢を見そうだと言っていたので。

私は大好きなんですよね、水の音って。
川でも、海でも、雨音でも。なんでだろう…。

1日の疲れを、浄化してもらっているような気分です。


最近、早寝を習慣にしている私。

今夜もこのままチベット体操をやって、屋久島への旅(^^)へと
向かいたいと思います。
スポンサーサイト
22 : 50 | 美音 | コメント(8) | page top↑
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。